扶養または103万円の壁に含まれるの?

はじめに

ワーカー様のご状況により異なります。
最終的にはご自身のご判断にてご利用ください。

扶養について

「所得」が38万円を超えるかどうかで判断されます。

  • 給与のみの場合
    給与額面が103万円以下(このとき給与所得は38万円になります)
  • 雑所得がある場合
    雑所得(収入ー必要経費)を加えて、
    合計所得金額が38万円以下であること

実務的には各個人の判断にはなりますが、
年間の報酬が103万円程度であれば必要経費は65万円ほどかかるため、
扶養控除の対象になると考えられます。

103万円の壁について

タイミーを通じてのお仕事は、
雇用契約業務委託契約の2種類がございます。

【雇用契約の場合】

以下に該当する方は源泉徴収票をご利用ください。

  • 雇用契約の業務での所得が1年間で103万円を超える
  • 1ヶ月で同企業の収入が88,000円を超える
  • 1日の収入が9300円を超える
    源泉徴収票をご利用の場合にはマイナンバー等の個人情報を提供し、
    報酬の一部を所得税として返還いたします。

【業務委託の場合】

  • 事業所得もしくは雑所得のため、
    源泉徴収に当たらず企業側で税金を引くことはございません。

  • 確定申告では、通帳への入金額が売上の証拠になります。
    通帳のコピーなどで確定申告をお願いいたします。

  • 年間所得が20万未満の場合は確定申告の義務はございません。